暦の知識
年齢のこと

年齢の数え方
1つ歳をとる
皆さんは 自分はいつ1つ歳をとると考えていますか?
ほとんどの方は「誕生日」と答えると思います。
ところが 法律上はちょっと違うのです。
法律にもとづく年齢の数え方
次の2つの法にもとづきます。
 
明治三十五年法律第五十号(年齢計算ニ関スル法律)
1 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス
★「起算ス」というのは「ここから数え始める」ということです。つまり「年齢は出生の日を第一日目(起算日)として計算する」という意味です。
2 民法第百四十三条ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス
★年齢の計算には民法第143条の規定を適用すると定めています。
 
民法(第143条)
週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
2 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

その起算日に応当する日の前日に満了する
民法のこの規定により 年齢は誕生日の前日に満了することになります。
満了する=次の年齢に達する
ですから 法律上は「誕生日の前日(が終る瞬間)に1つ歳をとる」ことになります。
したがって 他の法律に「満○歳に達した日」と定められていれば それは誕生日ではなく その前日ということになります。
他の法律と年齢
学校教育法
公職選挙法
暦くん